連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷
錦色の紅葉に彩られた境内。庭は青いビニールシートで覆われている=丹波市、岩瀧寺
拡大

錦色の紅葉に彩られた境内。庭は青いビニールシートで覆われている=丹波市、岩瀧寺

錦色の紅葉に彩られた境内。庭は青いビニールシートで覆われている=丹波市、岩瀧寺

錦色の紅葉に彩られた境内。庭は青いビニールシートで覆われている=丹波市、岩瀧寺

 紅葉が見頃を迎える中、8月豪雨で被害を受けた兵庫県丹波市氷上町香良の岩瀧寺でも、木々の葉が色づいている。前庭などが崩れ、境内は青いビニールシートで覆われるが、紅葉は寺の復興を励ますかのように今年も鮮やかだ。(藤本淑子)

 

 8月豪雨では、岩瀧寺渓谷を流れる香良川が増水。川の護岸が決壊し、境内の石垣が幅約30メートルにわたり崩落した。本尊へと続く参道や橋などが壊れ、寺の奥に位置する独鈷の滝も半分近くが土砂で埋もれ、立ち入りが危険な状態になっている。

 発生から3カ月近くたった今でも復旧作業が続き、参道の至る所に流木や大きな石が残る。一方で、本尊の「不動明王」や庫裏、山門など、仏閣の被害はほとんどなかったといい、本堂の茅葺き屋根を錦色に輝くカエデが覆う。

 涼しい気候が続き、今年は例年より一足早く色づいた。境内はカメラを持った参拝客でにぎわう。16日午前11時からは復興を祈願する催しがあり、おにぎりなどが振る舞われる。紅葉は来週ごろまで楽しめるといい、和田滝光住職は「災害の傷跡も含めて、自然の力を感じてほしい」と語る。

 今年は入山料無料で開放する。ひかみ観光案内所TEL0795・82・8210

2014/11/14
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ