連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷
小田繁雄教育長に目録を手渡す舞子高校2年の加藤明日香さん(中央)と松尾優花さん(左)=丹波市役所山南支所
拡大

小田繁雄教育長に目録を手渡す舞子高校2年の加藤明日香さん(中央)と松尾優花さん(左)=丹波市役所山南支所

小田繁雄教育長に目録を手渡す舞子高校2年の加藤明日香さん(中央)と松尾優花さん(左)=丹波市役所山南支所

小田繁雄教育長に目録を手渡す舞子高校2年の加藤明日香さん(中央)と松尾優花さん(左)=丹波市役所山南支所

 兵庫県丹波市の豪雨災害で被災した学校などの支援に役立ててもらおうと、舞子高校(神戸市垂水区)の環境防災科生徒が22日、丹波市役所山南支所を訪れ、市教育委員会に義援金24万4357円を贈った。

 同校では約30人が8月30日、同市市島町で泥出しのボランティアに取り組んだ。被災地の現状を知った生徒は、被災者が早く元の生活に戻れるようにと、今月6、7日、JR垂水駅で街頭募金活動をした。

 同科2年の加藤明日香さん(16)と松尾優花さん(16)が、小田繁雄教育長に目録を手渡した。松尾さんは「『同じ兵庫やから』と協力してくれる人がたくさんいた」と街頭募金の様子を報告。加藤さんは「ボランティアに来て、復興には時間がかかると感じた。私たちも支援を続けたい」と話した。

2014/9/23

天気(12月5日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 30%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

お知らせ