連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷
西山酒造場の田んぼで稲刈りに取り組んだ竹田小学校の児童ら=丹波市市島町中竹田(西山酒造場提供) 
拡大

西山酒造場の田んぼで稲刈りに取り組んだ竹田小学校の児童ら=丹波市市島町中竹田(西山酒造場提供) 

西山酒造場の田んぼで稲刈りに取り組んだ竹田小学校の児童ら=丹波市市島町中竹田(西山酒造場提供) 

西山酒造場の田んぼで稲刈りに取り組んだ竹田小学校の児童ら=丹波市市島町中竹田(西山酒造場提供) 

 兵庫県丹波市立竹田小学校の5年生28人が2日、同市市島町中竹田にある西山酒造場の田んぼで稲刈りを体験した。豪雨を乗り越えて金色の穂を付けた酒米「兵庫北錦」を刈り取った。

 豪雨で同校の運動場などは泥で埋まり、同社も床上浸水など大きな被害が出た。保護者やボランティアらが片付けに尽力し、稲刈りも予定通り開催した。

 子どもらは鎌を使い丁寧に稲を刈り取っていった。収穫した米は、同社が作る甘酒ヨーグルトの原料に使う。参加した児童(10)は「食べたことがないので楽しみ」と話した。

 復旧作業が続く同社の西山周三社長(41)も「子どもの笑顔を見て元気をもらった。一日も早い再開を目指したい」と意気込んでいる。(藤本淑子)

2014/9/3
 

天気(10月24日)

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

  • 20℃
  • 10℃
  • 20%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ