連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷
元の田畑が見えないほど流木が流れ込んだ=丹波市氷上町鴨内 長さ約10メートル、幅約3メートルにわたって陥没した道路=丹波市氷上町北油良
拡大

元の田畑が見えないほど流木が流れ込んだ=丹波市氷上町鴨内

長さ約10メートル、幅約3メートルにわたって陥没した道路=丹波市氷上町北油良

  • 元の田畑が見えないほど流木が流れ込んだ=丹波市氷上町鴨内
  • 長さ約10メートル、幅約3メートルにわたって陥没した道路=丹波市氷上町北油良

元の田畑が見えないほど流木が流れ込んだ=丹波市氷上町鴨内 長さ約10メートル、幅約3メートルにわたって陥没した道路=丹波市氷上町北油良

元の田畑が見えないほど流木が流れ込んだ=丹波市氷上町鴨内

長さ約10メートル、幅約3メートルにわたって陥没した道路=丹波市氷上町北油良

  • 元の田畑が見えないほど流木が流れ込んだ=丹波市氷上町鴨内
  • 長さ約10メートル、幅約3メートルにわたって陥没した道路=丹波市氷上町北油良

 集中豪雨に見舞われた兵庫県丹波市では、甚大な打撃を受けた市島町以外でも広い範囲で被害が出た。氷上や春日両地域では浸水した家屋の後片付けは進みつつあるものの、大量の土砂や流木を前に住民らは途方に暮れ「大雨が来たら再び集落に土砂が流れ込む」と危機感を募らせている。(井垣和子)

 春日町牛河内の安田ひかりさん(60)宅では、自宅横の川が土砂などでせき止められて氾濫し、土砂が裏口のガラス戸を破って室内に流れ込んだ。安田さんは「ガンガンという音の後、一気に土砂が来た。外は泥水が滝のような勢いで流れていた」と振り返る。家の裏が1メートルほど土砂で埋まった。

 春日町稲塚では道や水路に土砂が積もり住民は撤去作業に追われた。足立寿雄自治会長(66)は「道が川になった。今までにない痛手。大雨が来たらまた土砂が同じ道を通って集落に流れ込むのではと心配だ」と疲労をにじませた。

 氷上町鴨内では、田畑に土砂と流木が堆積し、元の地面が全く見えない状態に。県道282号線は土砂でふさがれアスファルトが隆起して不通になっている。細見政史自治会長(66)は「大雨が降る度に土砂が流れ出ないか怖い」と話した。

 同町香良では住民が地域活性化につなげようと育ててきたアジサイ約3千株が流され、あじさい公園でも道が崩壊した。同町北油良では道に長さ約10メートル、幅約3メートルの穴が開くなどした。

2014/8/24
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ