連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷

 丹波市災害救援物資センター(兵庫県丹波市市島支所横)は、豪雨災害の支援物資の受け付けを31日で終了する。要望に応じた被災者への配送や受け渡しは9月以降も継続する。

 センターによると20日の開設以降、全国からさまざまな物資が寄せられ、緊急性の高い水や食料品、衣類などは足りている。ただ、衣類や下着は被災者ごとにサイズや好みが違うため「ニーズに合わせて届けるのが困難」という。

 そこで31日の午後1~4時、ライフピアいちじま(市島町上田)にそれらを集め、被災者に直接選んでもらうことにした。種類は男女別に上着、ズボン、下着、靴のほか、子ども用の衣類、靴など。乳児・大人用のおむつも多数ある。持ち帰り用の袋が必要。

 会場には、救援物資に添えられた応援メッセージも掲示する。センターは「支援が無駄にならないよう、被災者にきちんと届けたい」と話す。(今泉欣也)

2014/8/29
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ