連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷
湯に足をつけながら学生による手のマッサージを受ける高齢者=ライフピアいちじま
拡大

湯に足をつけながら学生による手のマッサージを受ける高齢者=ライフピアいちじま

湯に足をつけながら学生による手のマッサージを受ける高齢者=ライフピアいちじま

湯に足をつけながら学生による手のマッサージを受ける高齢者=ライフピアいちじま

 豪雨災害のためライフピアいちじま(兵庫県丹波市市島町上田)へ避難しているお年寄りらに、神戸大学の学生らがこのほど、足湯を提供した。

 被災地NG0協働センター(神戸市兵庫区)が同大の学生団体と連携して実施。学生4人とセンタースタッフ1人が訪れた。

 学生らは同町下鴨阪で被災家屋の後片付けなどのボランティア活動をした後、足湯サービスを始めた。「足がむくんでパンパン」と話すお年寄りが、たらいの湯に足をつけた。学生と被災状況などを話しながら、手のマッサージを受けるなどし「足湯なんて初めて。気持ちよかった」と満面の笑みだった。

 同大法学部4回生の関本龍志さん(24)は「思った以上に広い範囲に被害が広がっていて驚いた。同じ県内の被災地。できることを続けたい」と話した。(井垣和子)

2014/8/29
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ