連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷
床上浸水した自宅を片付ける住民ら=17日午前11時7分、丹波市市島町上竹田 孤立した家から救出される女性=17日午前11時13分、丹波市市島町徳尾 大雨で崩落した国道175号の橋りょう=17日午後0時29分、丹波市市島町上竹田 冠水した道路を歩く人たち=17日午前8時、丹波市氷上町横田 被害を受けた川沿いのキャンプ場=17日午後0時56分、丹波市市島町与戸
拡大

床上浸水した自宅を片付ける住民ら=17日午前11時7分、丹波市市島町上竹田

孤立した家から救出される女性=17日午前11時13分、丹波市市島町徳尾

大雨で崩落した国道175号の橋りょう=17日午後0時29分、丹波市市島町上竹田

冠水した道路を歩く人たち=17日午前8時、丹波市氷上町横田

被害を受けた川沿いのキャンプ場=17日午後0時56分、丹波市市島町与戸

  • 床上浸水した自宅を片付ける住民ら=17日午前11時7分、丹波市市島町上竹田
  • 孤立した家から救出される女性=17日午前11時13分、丹波市市島町徳尾
  • 大雨で崩落した国道175号の橋りょう=17日午後0時29分、丹波市市島町上竹田
  • 冠水した道路を歩く人たち=17日午前8時、丹波市氷上町横田
  • 被害を受けた川沿いのキャンプ場=17日午後0時56分、丹波市市島町与戸

床上浸水した自宅を片付ける住民ら=17日午前11時7分、丹波市市島町上竹田 孤立した家から救出される女性=17日午前11時13分、丹波市市島町徳尾 大雨で崩落した国道175号の橋りょう=17日午後0時29分、丹波市市島町上竹田 冠水した道路を歩く人たち=17日午前8時、丹波市氷上町横田 被害を受けた川沿いのキャンプ場=17日午後0時56分、丹波市市島町与戸

床上浸水した自宅を片付ける住民ら=17日午前11時7分、丹波市市島町上竹田

孤立した家から救出される女性=17日午前11時13分、丹波市市島町徳尾

大雨で崩落した国道175号の橋りょう=17日午後0時29分、丹波市市島町上竹田

冠水した道路を歩く人たち=17日午前8時、丹波市氷上町横田

被害を受けた川沿いのキャンプ場=17日午後0時56分、丹波市市島町与戸

  • 床上浸水した自宅を片付ける住民ら=17日午前11時7分、丹波市市島町上竹田
  • 孤立した家から救出される女性=17日午前11時13分、丹波市市島町徳尾
  • 大雨で崩落した国道175号の橋りょう=17日午後0時29分、丹波市市島町上竹田
  • 冠水した道路を歩く人たち=17日午前8時、丹波市氷上町横田
  • 被害を受けた川沿いのキャンプ場=17日午後0時56分、丹波市市島町与戸

 16日深夜から17日未明にかけ、局地的豪雨が襲った兵庫県丹波市。土砂崩れや浸水で民家の被害が相次ぎ、住民らは途方に暮れた。

 同市は17日朝に避難所11カ所を開設。市島町上田のライフピアいちじまでは孤立した自宅から救助された同町徳尾の高雄チエ子さん(75)が「いつも寝ていた一階のベッドが土砂で埋まっていた」と声を震わせた。「財布も靴も薬もない。命は助かったけど、これからどうしたものか」

 土砂で自宅の一部が崩れた大槻昭治さん(72)は「まさか自分の家がこうなるとは…。土の威力には驚いた。家は、もう使いもんにならんね」とつぶやいた。

 丹波市によると、床上浸水が市島で87棟、氷上で35棟、春日で6棟、柏原、山南で各2棟に上った。床上浸水した市島町上竹田の農業渡部真平さん(30)は「玄関の扉が水圧で開かず何とか窓から出た。農作物も全部駄目になった」と肩を落とした。

 川や水路から水があふれたJR市島駅前の道路では、住民らが朝から自宅の泥をかき出した。洋品店経営の安達義雄さん(80)は「姫路や芦屋から孫たちが駆けつけてくれて何とか片付けられそう」と話した。(長嶺麻子、森 信弘、井垣和子)

2014/8/17

天気(1月26日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 15℃
  • 1℃
  • 80%

  • 16℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 80%

お知らせ