連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷
天気は下り坂の予報。家屋の裏のがけが崩れた民家では、懸命の土砂撤去作業が続く=丹波市市島町徳尾(撮影・後藤亮平)
拡大

天気は下り坂の予報。家屋の裏のがけが崩れた民家では、懸命の土砂撤去作業が続く=丹波市市島町徳尾(撮影・後藤亮平)

天気は下り坂の予報。家屋の裏のがけが崩れた民家では、懸命の土砂撤去作業が続く=丹波市市島町徳尾(撮影・後藤亮平)

天気は下り坂の予報。家屋の裏のがけが崩れた民家では、懸命の土砂撤去作業が続く=丹波市市島町徳尾(撮影・後藤亮平)

 豪雨に見舞われ、多くの山腹崩壊が起きた兵庫県丹波市。神戸地方気象台によると、22、23日は再び雨が降りやすくなる。崩れた山は不安定な状態で、同気象台は「雨が降った場合は注意してほしい」と呼び掛けている。

 同気象台の予報によると、同市を含む県南部は22日夕方から雨。23日も曇り一時雨となっている。

 17日の被災後、市などは今後の避難勧告などに役立てようと、同市市島町の前山地区と美和地区で民家の裏山を見て回り、山地災害の地点を確認した。山腹が崩壊し、渓流を伝って土砂が落ちてきたケースが多いという。

 渓流には土砂や大きな石などが残っているが、現時点で対処はできない。市は対策としては「いち早く避難していただくしかない」と話している。(森 信弘)

2014/8/21

天気(1月26日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 80%

  • 15℃
  • 1℃
  • 80%

  • 16℃
  • 6℃
  • 70%

  • 15℃
  • 5℃
  • 80%

お知らせ