連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷
八日市橋の崩落に伴い迂回路を通る車=丹波市市島町矢代
拡大

八日市橋の崩落に伴い迂回路を通る車=丹波市市島町矢代

  • 八日市橋の崩落に伴い迂回路を通る車=丹波市市島町矢代

八日市橋の崩落に伴い迂回路を通る車=丹波市市島町矢代

八日市橋の崩落に伴い迂回路を通る車=丹波市市島町矢代

  • 八日市橋の崩落に伴い迂回路を通る車=丹波市市島町矢代

 豪雨災害に伴う道路の陥没や崩落で、国道175号は兵庫県丹波市市島町内の3カ所で通行止めが続いている。県は迂回路を設けているが、24日には京都府福知山市に抜ける別の県道が一部通行できなくなり、同市に抜ける主要ルートは1本だけに。住民らは通勤などで不便を強いられており、県などが復旧作業を急いでいる。(今泉欣也)

 通行できない3カ所は、両市境の塩津峠(崩土)▽八日市橋(崩落)▽坂折(道路陥没)。県丹波土木事務所によると、このうち塩津峠では崩れた土砂の撤去が終わり、仮復旧に向けて二次災害の恐れがある両側のり面の応急工事に取り掛かる。坂折も復旧のめどが立っているという。また、新たに一部通行止めとなった県道市島和知線の復旧工事を急ぐ。

 一方で、八日市橋は川の護岸も被害を受け、完全復旧には「長時間を要する」と同事務所。現在は橋の復旧方法と、それまでの迂回方法について関係機関と調整を進めている。

 橋は今回の豪雨で特に被害の大きかった前山地区にあり、周辺では復旧関連の大型車が多く走る。迂回路は集落内を通るルートで道幅が狭く、加えて地域住民以外の車が迷い込むケースもあるといい、同事務所は各所に看板を設置するなど誘導を徹底する。

 また、迂回路に関連して丹波市は、舞鶴若狭自動車道の福知山-春日間について一時的に無料化するよう、関係先に要望している。

2014/8/26

天気(12月5日)

  • 15℃
  • 7℃
  • 10%

  • 14℃
  • 3℃
  • 30%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 10%

お知らせ