連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

丹波豪雨

  • 印刷

 兵庫県や京都府に土砂災害や浸水被害をもたらした集中豪雨で、兵庫県は19日、県内6市1町の住宅被害が1182棟になると発表した。丹波市は全壊が11世帯となり、県は同日、被災者生活再建支援法の適用を決めた。同法が県内で適用されるのは2009年の県西・北部豪雨以来となり、全壊世帯などに最高300万円が支給される。

 県によると、被害が集中した丹波市では、県職員らが19日に立ち入り調査ができた地域で被害確認が相次いだ。会見した吉本知之副知事は「本格的に調査が始まれば、今後さらに増えるのではないか」と述べた。

 同市の全壊は前日から8棟増の11棟となり、被災者生活再建支援法で定める「10世帯以上の住宅全壊被害」の要件を満たした。同法の適用により、全壊世帯で100万円、大規模半壊した世帯に50万円の基礎支援金が支給され、再建方法に応じて建設・購入に200万円、補修に100万円の加算支援金も受けられる。

 支援金申請には罹災証明書などが必要となる。県は市町職員らでつくる応援チームを20日から派遣し、家屋被害の認定を急ぐ。

 同市の半壊は前日から15棟増の17棟、一部損壊も9棟増の15棟になった。浸水被害は6市1町で1138棟。

 今回の豪雨災害では京都府が18日、丹波市に隣接する京都府福知山市に支援法の適用を決めている。(三木良太)

 【被災者生活再建支援法】阪神・淡路大震災を機に1998年に成立。10世帯以上の住宅が全壊した市町村などに適用され、都道府県が判断する。住宅の被害程度や再建方法に応じて支援金の額は異なる。最高額の300万円が支給されるのは、全壊した住宅を再建する場合。大規模半壊で補修する場合は、最高150万円が支給される。半壊などの被害で、やむを得ず住宅を解体した世帯にも支給されることがある。単身世帯の金額は4分の3になる。

2014/8/19
 

天気(10月17日)

  • 21℃
  • 18℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

  • 20℃
  • 17℃
  • 80%

お知らせ