明石

  • 印刷
女子バスケットボール決勝で、激しい攻防を繰り広げる選手ら=野々池中学校
拡大
女子バスケットボール決勝で、激しい攻防を繰り広げる選手ら=野々池中学校
女子バスケットボールの決勝で、激しく攻防を繰り広げる選手ら=野々池中学校
拡大
女子バスケットボールの決勝で、激しく攻防を繰り広げる選手ら=野々池中学校
女子バスケットボールの準決勝で、激しく攻防を繰り広げる選手ら=野々池中学校
拡大
女子バスケットボールの準決勝で、激しく攻防を繰り広げる選手ら=野々池中学校

 3年生が引退した運動部が競う「第37回明石市中学校新人体育大会」(兵庫県明石市中学校体育連盟、市教育委員会主催)が計12競技で開幕し、市内各地で熱戦を繰り広げている。26日はサッカーなど9競技で決勝があり、2年生が主軸となる新体制のチームや選手らが初の栄冠をつかんだ。

 野々池中学校(明石市沢野1)であった女子バスケットボールの決勝。序盤は高さを生かした朝霧が最大9点をリードしたが、徐々にペースをつかんだ二見が猛追。フォワードの2年黒木梨愛(りあ)選手(14)らが鋭く切り込んで得点を重ね、豊富な運動量を生かしたディフェンスで接戦を制した。

 ガードの2年山下舞桜(まお)選手(14)は「最後まで足を止めずにコート内を走り回れた」と笑顔。顧問の三宅祥平教諭(31)は「まだ伸びしろがたくさんあるチーム。根気強い守りで勝つことができた」と喜んだ。

 残る新人大会は、陸上競技が10月2、3日に予定されている。(小西隆久)

明石
明石の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ