正平調

時計2020/09/10

  • 印刷

愛する家族を失った人に掛けてはいけない言葉がいくつかある。たとえば「がんばろう」や「早く元気になって」。本人はずっとがんばっているし、安易な励ましはむしろ反発を招く◆悲しみの底にいる人がありがたいのは、黙って話を聞いてくれること。あるいは、道で出会っても何も言わず深々とお辞儀をしてくれるだけで、いたわりの気持ちを感じる。細やかな気配りに勝るものはない◆「死の哲学」「死生学」を説き続けたアルフォンス・デーケンさんの本で教わった話だ。共感する人たちの「生と死を考える会」は兵庫など全国各地にある。しかしもう一度話をと願っても、残念ながらあの声はもう聞けない。このほど88歳で亡くなった◆カトリックの司祭で、61年前に来日し、上智大学で長く教えた。死を見つめることはどう生きるかを考えること。終末期医療をもっと大事に。つらい体験はだれかのために役立てたい。そんな主張が印象深い◆重苦しくなりがちなテーマも、ユーモアにくるみ、巧みな日本語で話しかけた。場をなごませるデーケン流話術だ。1時間半の講演で聴衆は何回笑ったか、数えた人がいた。61回だったとか。ほほえんで楽しく人生を生きる。持論を実践が裏打ちしていた◆長い歩みに敬いの一筆。2020・9・10

正平調の最新
もっと見る

天気(10月27日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 7℃
  • 0%

  • 22℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ